治験コーディネーター CRC

最近薬剤師からCRC(治験コーディネーター)に転職する方が増えています。
事務仕事が多く肉体的負担が少ない、製薬会社勤務となる為土日休みが基本、そして何より薬剤師が重宝される環境であり、患者さんに直接貢献出来る仕事の為やりがいを感じる方が多いようです。
そんな治験コーディネーターの業務内容、転職のメリット、そして求人の探し方について説明して行きたいと思います。

治験コーディネーター CRCの仕事内容

医薬品の開発は多くの研究、テストが繰り返して、問題ないと判断される段階まで進めた後、最終的に薬を必要としている患者さん(被験者)に投与し、有効性と安全性の最終チェックを治療も兼ねて行います。
これを治験と呼び、CRCは医師・看護師・薬剤師と連携を取りながら被験者さんの心のケアや服薬指導、スケジュール管理、検査データの収集や計画書の策定などを行う、治験に関わる人や物を管理し、コーディネートするお仕事になります。

今正に新薬を必要としている患者さんと直接接し、貢献が出来る為ダイレクトにやりがいと責任を感じられる仕事で、少しでも自分の力を役立てたい!と考え、転職を希望する薬剤師が増えています。

CRCの職に就くために資格は必要ありませんが、業務の内容から看護師・薬剤師・臨床検査技師のいずれかでキャリアを積んだ方が転身されるケースが多くなっており、特に薬剤師は不足しています。
多くの現場で薬剤師出身のCRCを必要
としているのです。

CRCなら製薬会社に転職できる!土日休みの安定したスケジュールで働こう

調剤薬局やドラッグストアで勤務する薬剤師にとって土日休みは希望してもなかなか手に入らず、転職で企業を希望する方が多いのですが、現実的にはかなり狭き門になっています。
しかし、薬剤師出身のCRCは不足しているため、CRCとして企業に転職する事を希望すれば高確率で実現できるのです。
育休や産休など働きやすい環境を整えている企業が多く、残業なども少ない職種の為プライベートも充実させることが出来るでしょう。

治験コーディネーターのメリット・デメリット

    治験コーディネーターとして働くメリット

  • 土日休みの企業で働ける
  • 調剤薬局やドラッグストアなどよりも肉体労働が少ない
  • 福利厚生が充実している
  • 残業は少な目
  • 直接患者さんと接し、貢献出来る為やりがいを実感しやすい
  • 新薬を世に送り出す、社会貢献度の高さを実感できる

  • 治験コーディネーターとして働くデメリット

  • 患者・医師・看護婦・薬剤師等多くの人と関わる為、コミュニケーション能力を問われる

CRC求人の探し方 治験コーディネーターの求人はマイナビ薬剤師が充実している

治験セミナー
大手転職サイトの中で治験コーディネーターの求人を最も充実させているのはマイナビ薬剤師(上の画像から公式サイトへ移動できます)です。
検索項目にもCRCのチェック欄があり、簡単に治験コーディネーターだけの求人を検索出来る他、各地で未経験者の為の治験業界セミナーを開催。
CRCに興味はあるけれど、転職前により詳しい情報を得ておきたい方に、1からしっかりと教えてくれます。

マイナビ薬剤師で東京・治験コーディネーターの求人を検索

東京の治験コーディネーター求人
治験コーディネーターはスタートの給与が高くないケースが多いのですが、マイナビ薬剤師で検索したところ、
治験業界未経験者・東京で年収400~500万の求人がありました。
更にこの求人は年間休日120日以上、土日休み、産休・育休制度あり、残業月10h以下という条件で検索しており、給与だけでなく女性でも安心して働ける環境が整っている良い会社です。
マイナビ薬剤師は治験コーディネーターの求人数もさることながら、薬剤師の求人全体が42,000件程度あり、業界でもトップクラスの求人数となっています。
転職を考える方は是非登録して非公開求人含め、検討できるようにしておくと役立ちます。

マイナビ薬剤師公式サイトはこちら