急性期病院や慢性期病院に転職

調剤薬局やドラッグストアに勤めている薬剤師さんの中には

最先端の医療に触れ、知識とスキルを伸ばせる病院勤務に転職出来たら・・・

と願っている方も多くいらっしゃいます。

しかし、転職難易度が高く、求人も少ないからと諦めてしまっている薬剤師さんも多いでしょう。

最初に申し上げますと、中途で病院へ転職することは十分可能です。

人気の急性期病院、はたまた大手大学病院への転職もチャンスがあります。

これからその方法を詳しくご紹介していきます。

病院にも種類がある 急性期病院と慢性期病院の違いとは?

病院に転職しようと考えた場合、まずは急性期病院と慢性期病院がある、という事を知っておかなければいけません。
基本的に名前の通り、急性期病院では急患、突然の病気や怪我、急性的な症状の悪化で緊急の対応が必要な患者さんを中心に対応を行い
慢性期病院では慢性的な疾患、高齢者の方で継続的な治療をし、長期入院を必要としている患者さんを対応します。

では働く薬剤師さんの視点で見た時、それぞれどんな職場か急性期病院と慢性期病院の比較表を作成してみました。

薬剤師の為の急性期病院・慢性期病院比較表

 急性期病院慢性期病院
スキルアップ
年収
残業・当直多い少ない
求人数少ない多い
転職難易度高い中程度

急性期病院は様々な症状で、緊急に対処しなければならない患者さんが多く、ルーチンワークで出来る仕事ではありません
沢山の患者さんを相手に、毎日異なる仕事をする。
だからこそ、働く薬剤師さんのスキルはどんどんアップし、市場価値の高い人材へと成長して行けます。
業務は服薬指導だけに留まらず、混注と呼ばれる注射薬混合調整業務やNST(栄養サポートチーム)に加わる事やDI(医薬品情報管理)業務も取り組みます。
また抗がん剤投与といった、癌専門薬剤師などが行う業務に携わる事もあるでしょう。
広範囲に及ぶ幅広い知識とスキルを日々磨いていく職場になりますので、将来的にそこから転職する際にも引く手数多になります。
残業や当直など、忙しく大変な側面もありますが、自身の成長とともに給与面等の待遇も向上、どんどん年収やスキルをアップさせたい!と貪欲に上を目指せる方には強くお勧めします。

一方で慢性期病院はルーチンワークになりがち。
日々同じ患者さんを相手に、あまり変わらない症状に対応しますので、行う作業も同じものになります。

裏を返せば安定した仕事を行えるため、精神的にも時間的にもゆとりある生活が出来ると言えます。
短期間での大きなスキルアップは見込めませんが、着実に一つ一つの業務知識をしっかりと身に着けながら、プライベートも充実させていくことが出来るでしょう。

難易度の高い病院面接を突破する方法

大事なのはコミュニケーション能力

近年はどの分野の就職・転職でもコミュニケーション能力が重視されがちですが、病院勤務は特に医師・看護師・栄養士・介護士など多数の職業の方とチームで協力し合う仕事です。
コミュニケーション能力は必要不可欠であり、ドラッグストアや調剤薬局から転職する場合にも

「チームでこんな事に取り組み、自分が主体的にこうした計画・実践した事でこのような良い結果を得られました」

というアピールが最も有効になります。

病院の薬剤部長や医師が書いた論文や雑誌を読み、内容に触れるべし

志望度の高さを示す為に非常に有効な方法が、面接を受ける病院の薬剤部長や医師が書いた論文、雑誌の特集記事などに触れ、それを志望動機等に組み込んでしまう事です。
だからこそこの病院で働きたいと思ったという強い説得力を持った動機づけになり、心証は確実に良くなります
ただし上辺だけさらっと読んだ程度で触れてしまうと、そこから派生した質問が来た時に上手く返せず、付け焼刃である事がバレてしまいます。
必ずしっかりと読み込み、自分なりの意見や考えも述べられるようにしておきましょう。

事前の準備をしっかりと行ってこそ、倍率の高い求人で採用される事に繋がります

残業や夜勤・当直に積極的に対応できる事をアピール

急性期病院である場合、これは確実に必要な要件になります。
もし面接官に聞かれて答えに迷ってしまうとその時点でご縁が無く・・・というお話になりかねません。
勿論残業がしたい!当直がしたい!と考えている方はなかなかいないかもしれません。

薬剤師が病院に転職する際活用すべき転職サイトと転職方法

急性期病院に転職する場合

病院求人1429

病院求人に強い薬剤師転職ドットコムがオススメです。

画像をご覧いただくと分かりますが、1429件も病院求人が掲載されており、薬剤師転職ドットコム登録者の4割が病院に内定しています。
特に急性期病院の求人は人気が高く、病院求人の掲載数が多い事は勿論、キャリアコンサルタントと密に連絡を取り
急性期病院の求人案件が入ったらすぐに連絡が貰えるよう手を打っておくことがベスト。

利用者満足度95.8%を売り文句に、利用者1人1人と向き合う転職支援を実施している薬剤師転職ドットコムは、融通を効かせたサポートをしてくれますので積極的にお願いするべきです。
大手のリクナビやマイナビ、M3と並んで人気が急上昇している理由がここにあります。

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師 病院求人

もう一つ合わせて利用したい転職サイトがマイナビ薬剤師
病院求人数なら薬剤師転職ドットコムよりも多く、1651件。
日本全国に支店がある為、キャリアコンサルタントに面談でコンタクトする事が容易で、こちらも急性期病院の求人が入ったら連絡が貰えるようにお願いしてみましょう。
実際に転職活動でそこまでしている薬剤師は少ない為、これをするだけで圧倒的優位に立てます。
他の人がしていない事をする、それが人気求人に転職する秘訣です。

マイナビ薬剤師公式サイトはこちら

慢性期病院に転職する場合

つかう転職サイト自体は急性期病院の時と同じ、薬剤師転職ドットコムマイナビ薬剤師の2つになります。

慢性期病院の場合は求人数も豊富なため、この2サイトに登録を行えば十分比較検討し、転職先を探すことが出来るでしょう。
しかし、注意したい点が1つ。
【薬剤師を軽視するようなドクターのいる病院に転職しない事】

これは大変大事な事です。
どうしても医師の方が立場が上、と考えるドクターは特に年齢層が上になると多くなります。
必ず事前に職場見学をし、実際に働く医師とコミュニケーションを取る事が重要です。
また、特に薬剤師転職ドットコムでは実際に働く職場の雰囲気や医師の性質まで教えてくれるため、積極的に利用し公開の無い転職活動をするようにしましょう。

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

薬剤師転職サイト・コンサルタントをフル活用し、事前準備をしっかり行って人気求人を制す

今回のポイントをまとめると

    急性期病院への転職

  • コンサルタントに求人が入ったら連絡を貰えるよう交渉
  • 面接では協調性をアピール
  • 病院関係者の論文・雑誌の内容を読み込む
  • スキルアップし、薬剤師としての大きな成長が見込める
  • 慢性期病院への転職

  • 求人数が多く、チャンスは沢山ある
  • ルーチンワークにもなりがちだが、安定してプライベートも充実
  • 職場の雰囲気を掴み、ドクターに軽視されないかチェックを

病院求人に強い薬剤師転職ドットコムとマイナビ薬剤師を活用し、是非病院勤務の薬剤師として大いに活躍してください!

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

マイナビ薬剤師公式サイトはこちら