薬剤師の仕事内容 主要4業種・職種の仕事内容や求人情報を解説

同じ薬剤師でも、働く職場や業種により仕事内容は様々に分かれます。
これから薬剤師として仕事を始める方も、別業種に転職を考えていらっしゃる方も、それぞれの特徴を知ってより自分に合った環境を探して頂ければと思います。

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容は?

  • OTC薬品(一般医薬品)の販売、相談
  • 売り場のレイアウトや時には品出し・レジ打ちも
  • 調剤併設の場合は調剤業務・服薬指導・薬歴管理
  • 店舗のマネジメント業務

ドラッグストアでは主にOTC薬品の販売がメインです。
こんな症状にはどんな薬がいいですか?と、お客様から相談される事が多い為、しっかりと商品知識を身に着ける必要があります。
また、単に医薬品だけでは無く、サプリメントや健康食品、歯磨き粉や洗剤などの生活用品なども取り扱います。

売り場をレイアウトし、実際に売上を伸ばすための施策を求められるケースもあり、ただ医薬品についての説明をするだけ、というイメージとは異なるかもしれません。
結果を出せば店長やエリアマネージャーに昇格し、年収700万など他業種よりもかなり給与面で恵まれた環境が待っています。

実際のドラッグストア求人 月給50万+賞与年3回

東京江戸川区の薬剤師求人

こちらはスギ薬局の東京、江戸川区の求人になります。
画像には出ていませんが、この待遇に加え賞与が年3回という待遇に加え、お子様が病気の時の休暇制度や、7日間連続のリフレッシュ休暇など、
手厚い待遇で腰を据えて働ける環境が整っています。

↓の薬剤師転職ドットコムの掲載求人です。
他にもドラッグストアの薬剤師求人が多数ありますので活用して下さい。

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容は?

  • 処方箋受付
  • 処方箋監査・疑義照会(ギギショウカイ)
  • 医薬品の調剤
  • 患者さまへの服薬指導

調剤薬局では、医師から処方された処方箋を持って患者さんが来店する為、まずは処方箋を受け取ります。
その処方箋に問題が無いか、正しい処方をされているか監査を行い、飲み合わせが悪い物が無いか、患者さんにアレルギーが出るような物が無いかチェックを行う形になります。
もし患者さんに問題が起きそうな物があれば、医師にその旨を問い合わせる疑義照会を行い、正しい処方に変える必要があります。

後は調剤業務を行って患者さんに薬を渡し、正しい飲み方などを教える服薬指導を行います。

調剤薬局求人、東京・国分寺でも年収600万あり

国分寺 調剤薬局

ドラッグストアと比較すると給与面では劣るイメージのある調剤薬局ですが、
比較的薬剤師の給与が低い東京都でもちゃんと探せば年収600万の求人も多くあります。
さらに年間休日122日とプライベートも充実させられる高待遇求人ですね。

ドラッグストアの薬剤師求人は↓のリクナビ薬剤師がオススメです。

リクナビ薬剤師公式サイトはこちら

病院で働く薬剤師の仕事内容は?

  • 調剤業務
  • 製剤業務
  • 注射調剤業務
  • 注射薬混合調製業務
  • 外来化学療法室
  • 救命救急業務
  • 医薬品情報業務
  • 治験業務
  • チーム医療
  • 病棟薬剤業務
  • 疑義照会・プレアボイド
  • 薬剤師外来
  • 専門薬剤師

上記をご覧いただくと分かる通り、病院薬剤師の仕事内容は実に多岐に渡ります。
基本的な業務は調剤薬局と似ているのですが、医師や看護師さんと協力し、より患者さんと直接関わり、コミュニケーションを取って仕事をする必要があります。
それだけに実際患者さんの役に立てている!という実感、やりがいを得やすく、人気の職種です。

病院と調剤薬局の調剤では、注射用の調剤業務の有無が大きなポイントです。
注射薬や点滴による直接の摂取は、内服薬の服用よりも効果がダイレクトに現れます。
万が一のミスも許されませんので、しっかりとしたチェックと正確な判断が必要とされます。

求められるレベルは高いですが、やりがいも大きいのが特徴の仕事です。

病院薬剤師の求人 人気の急性期病院

急性期病院の求人

病院の中でも特に人気の高い急性期病院の求人です。
一般薬剤師は年収500万
薬剤科長は年収600万~となっており、やりがいと共に高収入も期待できる求人でしょう。
さらにこの病院は当直無し、働きやすい環境になっています。

↓の薬剤師転職ドットコム掲載求人ですので確認してください。

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら
 

製薬会社(企業)で働く薬剤師の仕事内容は?

  • CRC(治験コーディネーター)
  • CRA(臨床開発モニター)
  • MR(医薬情報担当者 )
  • DI業務(学術薬剤師)

製薬会社で働く薬剤師はどの職種を選ぶかによって仕事内容が大幅に変わります。

CRC・CRAは共に治験に関わる薬剤師ですが
CRCは病院や患者さんをサポートする事がメインとなり、患者さんのスケジュール調整を行ったり、不安や悩みなどの相談を受けたり、実際の治験データを収集、分析する仕事です。
一方CRAは製薬会社を支える仕事になり、治験の契約から治験終了まで全体の統括を行い、滞りなく治験が進むようコントロールします。

MRは自社製品を病院などに売り込む営業職に近いポジションです。
当然、医師と信頼関係が出来ていなければ、なかなか自社製品を導入する事は難しい為、
日々医師とコミュニケーションを取り、正確な知識で信頼を得る必要があります。

DI業務、学術薬剤師はドラッグインフォメーションと呼ばれ、医師やMRからの薬に対する質問に専門家として正確に答える仕事になります。

DI・学術薬剤師の求人 8:30~17:00 残業なし

DI求人

年収は350万~とそれ程高額ではありませんが、勤務時間が8:30~17:00と公務員並みの待遇で残業なしが大きな魅力。
週休2日+祝日休みでワークライフバランスを重要視する方にオススメです。
↓の薬剤師転職ドットコム掲載求人ですので確認してください。

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

様々な業種・職種から自分にあったものを選ぼう

薬剤師の主要4業種・職種を解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。
一口に薬剤師と言っても業務内容は多岐に分かれるもの。
その内容を理解し、更に自分が何処を重要視するのか。
やりがいか、給与、休日、それぞれ大事に思う所は異なるかと思います。
薬剤師転職サイトで求人を比較し、ここなら長く働けると言う場所を探してください。

当サイトのトップページでは薬剤師求人・転職サイトランキングを掲載しています。
是非活用いただき、あなたにとって理想の職場を探してくださいね。