管理薬剤師に転職する方法

管理薬剤師候補の募集を探そう!高待遇で満足できる仕事を発見!

医薬品の製造・販売の現場に必ず一人いる「管理薬剤師」
その年収は都市部で600万~700万円、薬剤師が少ない地方では更なる高待遇が期待できます。
薬剤師専門サイトの薬キャリから求人を探してみましょう

年収700万
名古屋市西区年収800万土日休み

横浜駅近辺で年収700万、名古屋で年収800万、どちらも土日休みと一例をとってもかなりの高年収が並びます。
管理職としての責任の重さはありますが、その分高待遇を得られる管理薬剤師。
どんな仕事内容なのか、どうすればなれるのか、これから詳しく説明して行きたいと思います。

そもそも管理薬剤師とは?医薬品の総合管理責任者

薬事法では医薬品販売・製造の現場に管理薬剤師を置くことが義務付けられています。
それぞれ簡単に復習しましょう。

調剤薬局、ドラッグストアの管理責任者

管理薬剤師は薬剤師の資格を持ち、医薬品を取り扱う事ができるのはもちろん、販売の現場では薬剤の保管状態や保管数・消費期限の管理、服用する患者様に適切に処方されているかの服薬指導や副作用のチェックも仕事となります。
更に従業員の指導、経営者への意見や提案も行い現場を効率化し、誠実・正確な対応をして地域住民の方の信頼を得る事にも取り組むポジションです。
責任の重い大変な仕事ですが、給与面だけでなくキャリア、そして人間的にも大きく成長することができる大切な仕事なのです。
これは評価が高くなるのも道理ですね。
高収入になるのはその責任の重さ、業務の幅広さからも納得できますし、もらうべき年収であるとも思います。

医薬品の卸、流通を管理する薬剤師も管理薬剤師です

製薬会社から出荷される薬は新薬・ジェネリックを問わずすべて適切な保管法、温度管理があります。
医薬品卸会社にも管理薬剤師の常駐が義務付けられており、出荷に際しての管理、取引先が適正な取扱資格を持った機関・会社かのチェックを行います。
麻薬や劇薬の正しい取扱や情報の管理をしたり、製薬会社からの問い合わせに適切に返答したりすることも業務になります。
募集は少なめですが、薬事法だけでなく医療法・健康保険法にも精通する事が必要な医薬品卸の管理薬剤師も重要な仕事です。

管理薬剤師になるには?薬剤師資格さえあれば応募可能

改めて管理薬剤師の募集要項を見てみましょう。同じく「薬キャリ」掲載の求人です。

年収650万内科メイン
薬キャリ公式サイトはこちら

既に薬剤師資格を取得し医療薬を取り扱う現場で働いた事がある方であれば、特にタクシーの二種免許のような新たな資格は必要ありません。
やってみたい!という意欲、キャリアアップを目指す方であれば誰でも応募できます。
もっとも、管理薬剤師としてはまったく未経験というのでは入社してから苦労するかも知れません。
すでに管理薬剤師として活躍中で今の待遇に不満がある方は、更なる高待遇を目指す転職もいいでしょう。
管理薬剤師年収600~700万
薬キャリ公式サイトはこちら

企業によっては経験・年齢を考慮するとあります。
前述した通り管理薬剤師は薬事法・薬剤師法・医療法・健康保険法などの法律に関する知識が豊富で、その知識を実際の業務で活用できることが必要です。
また患者さん、お医者さんとの信頼関係を結んだり上司や部下に対してきちんとコミュニケーションを取れる人間性も大切です。
すでに管理薬剤師としてがんばっている方は、企業から「すでにそういった知識や人間性がある」と評価され即戦力として雇用される事が可能です。
ですが薬剤師になりたての方は「自分にはまだ経験が足りない」と弱気になってしまうかもしれません。
「まだまだ自分は管理薬剤師なんて難しい!」と思い込んでしまう人もいるでしょう。
実は全国には「薬剤師が一人の調剤薬局」というのも多数存在しており、若いうちから管理薬剤師になる人も少なくありません。
薬剤師になって大きな薬局で人に使われ、あれこれと指示される業務はいずれ慣れてしまい充実感は得にくく不満は溜まりやすくなります。
また調剤室の中で派閥ができてしまったり人間関係に問題ができてしまうと、その会社で管理薬剤師まで昇るのは大変な事になってきます。
そうなる前に管理薬剤師として転職することもおすすめです。
「環境が人を育てる」の言葉通り早いうちから責任者となり、自分を追い込んでどんよくに知識・経験を吸収する事ができるからです。
「若い時の苦労は買ってでもしろ」とも言いますが、早いうちから実績を積み力を付ければ、中年になっても自信を持って充足感のある仕事を楽にする事ができるはずです。
若ければ若いほど確実に頑張れますし、同じくらいがんばった際の吸収力は中年よりもずっと大きい事もあります。

企業系の管理薬剤師へ転職してみたい!憧れの土日休みが見つかります

下に紹介する地方の管理薬剤師の求人は、土日休みで700万円の年収が可能という記載があります。
年間休日126日 管理薬剤師年収700万 企業 管理薬剤師

企業系の管理薬剤師は、お医者さんや患者さんを対応したり処方箋の枚数を競ったりする事はありません。
主に生産・品質管理や情報収集が業務であり、カレンダー通りに勤務する事ができます。
こういう理想の募集はなかなか見つからず、出てもすぐに締め切りとなってしまう事が多いです。
そんなレアな募集、好条件の求人はどうしたら確実に探せるでしょうか?

春先は高年収・好待遇の求人が急増!薬剤師専門サイトで情報を得よう!

薬剤師が転職を考えるとき「管理薬剤師の募集だけを探したい」など条件を指定した求人はみんなどうやって探しているのでしょうか?
それはもちろん「薬剤師専門サイト」です。
年収、希望地、待遇、業務内容・・・多数の案件から複数の条件を指定して検討するには検索機能を使うのが現代流ですよね!
そして春先にかけての時期は給与額や待遇面での好条件求人が増えてきます。
なぜなら12月のボーナス後の転職や定年退職、新卒の就活も本格化し人が動く時期となり、企業側も積極的な採用を開始するからです。
少しでもいい人材、経験のある即戦力者を獲得したいとどの企業も考えています。
この時期を逃さず、転職サイトを利用して情報を集めましょう。
簡単な登録であなたの好み、指定にあった条件の求人を見つけ知らせてくれます。
この記事内で紹介した募集は「薬キャリ」で見つかります。

きっと理想の待遇、夢を叶えるお仕事が見つかりますよ!

薬キャリ公式サイトはこちら

管理薬剤師求人No.1は薬剤師転職ドットコム

薬剤師転職ドットコム
今回求人を探した薬キャリ以外にも、管理薬剤師求人を探せる転職サイトとして薬剤師転職ドットコムをおススメ致します。
管理薬剤師の求人件数が5,529件と業界最多。
また、面接でもライバルの多くなるポジションですので、薬剤師転職ドットコムのサービスである

  • 書類作成のポイントや面接時に想定される質問、アピールすべきポイントを個々の企業や薬局、病院ごとに教えてくれる
  • 面接に同席し、あなたの事を一緒にアピールしてくれる

といった強みが必ず役に立つと思います。
↓から無料で利用できますので薬キャリと共に活用して下さい。
薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら