薬剤師の給料相場は?平均年収・業種ごとの高い低いをまとめました
薬剤師の給料、平均年収がどのぐらいになるのか厚生労働省が発表している平成27年賃金構造基本統計調査の職種別から調べてみました。

ズバリ薬剤師の平均年収は533.49万円

従業員10人以上の企業や病院等に努める薬剤師の平均年収は、533.49万円となっています。
平均月収ですと、ボーナスなどを換算しない場合、月35.35万円となります。
更に企業規模別や男女別なども詳しく見ていきましょう。

男女別の薬剤師平均年収

男性 587.42万円
女性 502.36万円

男女別では、男性の方が高いと言う結果になりました。
ですが一般の職業ですと男性504万、女性268万と格差は大きく広がっている為、薬剤師は比較的男女格差の少ない職業と言えます。

企業規模別の薬剤師平均年収

企業規模10人~99人の薬剤師平均年収は611.8万円
企業規模100人~999人では502.46万円
企業規模1000人以上になると502.38万円

企業規模が大きい場所ほど、薬剤師の平均年収は下がっているという結果が出ました。
とは言え、こちらは大企業ほど平均年齢が若く(1000人以上は34.2歳)、
小規模な企業施設は平均年齢が高い(43.1歳)なっているため自然と年収に差が出ている形になっています。

基本的には薬剤師の場合、年齢は企業規模よりも業種で大きく違いが出てきます。

業種別・年齢別の平均年収比較表

次にドラッグストア・調剤薬局・病院の薬剤師平均年収を年齢別に調べました。

 病院調剤薬局ドラッグストア
25歳320万380万400万
30歳390万410万495万
35歳435万425万530万
40歳480万495万590万
50歳530万510万680万

ドラッグストアの年収が高く、際立っていますね。
店長クラスになると700万超も可能なため、年齢が上がるほど平均年収が飛躍的に高くなっていきます。
ドラッグストアでの業務はレジ打ちなども含まれたりするため敬遠する薬剤師も多いのですが、調剤薬局併設のドラッグストアであれば調剤業務に集中できますし、仮にレジ打ち等があったにしてもそれを乗り越えて店長以上になれば、他の業種よりも遥かに高い年収に到達できます。
ドラッグストアの薬剤師転職について、詳しくこちらのページで解説しています。

県別薬剤師平均年収ランキングTOP10

順位県名平均年収
1位静岡県660万
2位群馬県613万
3位広島県609万
3位山口県609万
5位熊本県600万
6位青森県597万
6位栃木県597万
8位宮城県596万
8位鳥取県596万
10位新潟県588万

1位静岡、2位群馬、3位広島と完全に地方の薬剤師の方が年収が高くなっています。
参考までに東京都は31位で513万円
大阪府は39位で493万円になっています。
高年収を狙うなら地方求人にチャンスあり、ですね。

年収を上げたい薬剤師の方へ

ここまで薬剤師の給料・平均年収について説明してきました。
そこで大事になるのは、どうすれば自分の年収をUP出来るか、になると思います。
勿論今お勤めの職場で上を狙い、年収を上げることが出来ればそれが一番ですが、なかなか難しい環境もあると思います。
薬剤部長や、管理薬剤師のポジションに空きが出なければ、基本的に一気に年収を上げる事は難しいでしょう。

そこで年収を上げる為にオススメの手段は転職です。

管理薬剤師等は未経験でも応募できるドラッグストアや調剤薬局は沢山あります。
また、地方は首都圏よりも薬剤師不足が顕著で年収も高い求人が多数あります。
自分のキャリアと熱意をアピール出来れば、年収UPの道はそれほど難しくありませんよ。

年収UPの為におすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師転職ドットコム
一番オススメしたい転職サイトは薬剤師転職ドットコムです。

年収が高い求人は勿論ライバルも多くなりますが、薬剤師転職ドットコムでは履歴書作成は勿論、面接でどんな質問をされるのか?どう受け答えするのがベストか?
そんな情報までしっかりと教えてくれます。
更に面接同行サポートや、年収UPに欠かせない条件面の交渉まであなたに代わって転職コンサルタントが行ってくれます。
しっかりとした転職支援を受けるなら薬剤師転職ドットコムで決まりです。

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

他、当サイトトップページでは各薬剤師転職・求人サイトをランキングで掲載していますので是非参考にしてください。