【新卒薬剤師必見】就活に役立つ転職サイト活用方法

薬学系の新卒者には学校以外に薬剤師専門転職サイトが就活をバックアップしてくれる事をご存知ですか?

新卒なのに転職サイト?と思うかもしれませんが、各サイトの検索機能には「新卒」「未経験」の項目があり、新卒の方、第二新卒の方も多く登録し、広く利用されています。

新卒は転職サイトを利用できないと思っていたあなた、むしろ新卒だからこそ薬剤師転職サイトを使っていくべき理由があります。

この記事では薬剤師になりたい新卒の方が悩む問題や、専門サイトを効率よく使って内定を勝ち取るアプローチについて説明します。

新卒の薬剤師でも専門サイトの情報を活用するのが当たり前

新卒者が内定もらう為に、いったい何社の情報を集め面接の機会を作り、書類を提出しなければならないでしょうか。

就活のコツ、自分のアピール方法なども分からない新卒者が希望企業への内定を勝ち取るために、薬剤師専門転職サイトでプロの声を聞くのは今や必須となっています。

学部情報メインの就活ではまず自分が目標としてきた企業のチェック、次に先輩が就職した企業、教授に深い繋がりがある企業と順々に情報を集め、学部にある求人紹介への応募、合同就職説明会に参加と進んでいきます。

この流れでは全国津々浦々の医療系求人情報を把握する事は困難で、かなりの時間をかけても希望に沿った医薬品関連企業のわずかにしか出会えません。

さらに学部内には面接日や社内の雰囲気、待遇や福利厚生、履歴書の書き方や面接マナーまで丁寧に教えてくれる担当者はなかなか見当たりません。

そして巡り合った企業が自分にとって

「将来に渡り不満のない生活が送れるのか」
「さらに高い夢へキャリアを積んでステップアップできるのか」
「予期しない退職に追い込まれたり無理な労働環境ではないのか」

といった「正解の就職」かどうかを外側から判別するのは難しく、新卒者の疑問や不安となっていきます。

そういった不安を持った時、ぜひ活用したいのが「豊富な検索機能」と「詳しい情報を伝えてくれる担当者」がいる専門サイトです。

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

希望勤務地、年収、休暇日数、福利厚生などすべてに渡り検索でき、Iターン、Uターン就職を考えている学生にも便利です。

首都圏にある多数の系列店舗や地方にある高待遇の薬局、一人店舗や転勤の有無の条件付検索も可能です。

また転職サイトにはアドバイザー/コーディネーターが求人ごとまたは登録者ごとに設置され、合同説明会での採用担当には聞きにくい事、職場の詳しい状況や労働条件も遠慮なく質問する事ができます。

こんな便利機能が無料で使えるため、新卒者でも登録して利用する方が増えているのです。

転職サイト側は登録された方が無事就職する事で「いい人材を紹介してくれた」と企業側からの報酬を得ます。

よってアドバイザーは登録された方が内定するよう、企業の情報を揃え面接の受け方まで丁寧にレクチャーし必死にフォローするのです。

新卒薬剤師でも薬剤師専門転職サイトを利用すべき理由

  • 業種、地域、条件等を絞りつつ全国から求人情報を集められる検索機能を使える
  • 教授や先輩より頼れるプロの就活アドバイザーが履歴書、面接、職場情報をカバーしてくれる
  • 非公開求人など、合同説明会では出会うことのできない案件を自分の特性に合わせて紹介してもらえる
  • 応募から結果通知までの手続きを代行してもらえ、内定が出なくても同じ条件ですぐ次が探してもらえる
  • 将来に渡って薬剤師としてのスキルアップ、キャリアメイクをサポートしてもらえる
  • 上記をすべて無料で利用できる

新卒薬剤師にとって初就職は人生の一大分岐点です。

しっかりと将来を見据えて、薬剤師転職専門サイトを使いこなし内定を掴みとりたいですね。

情報は多いに越した事はありません。

従来の合同説明会の就職活動に加えて専門サイトを利用することで、情報を増やし希望する条件に沿った企業への内定を勝ち取りましょう。

以下に薬剤師専門求人サイトでの求人検索方法を紹介します。

薬剤師専門転職サイトの便利検索機能。そして履歴書の書き方や面接の受け方をプロがアドバイス

まずは登録なしでもできる検索機能を使ってみます。

薬剤師転職どっとこむでは↓のような画面で条件検索が可能です。

薬剤師転職ドットコム検索
薬剤師転職ドットコム検索2

就職希望エリア選択、業務内容、収入、働きやすさ、土日の休みなどこだわり条件を細かく指定して、自分のニーズに合う条件でも応募できる企業を効率的に検索できます。

店舗の雰囲気・新卒応募可能・福利厚生などの諸条件で検索できます。

興味のある求人が見つかったらサイトへ自分を登録してみましょう。

すると薬剤師転職ドットコムの場合には「キャリアコンサルタント」から連絡があり、登録した方の希望や状況に応じて適切なアドバイスをしてもらえます。

もちろん通常は入社してからでないと分からない職場の情報も教えてくれますし、審査突破しやすい履歴書の書き方や二次面接の受け方、マナー、身だしなみのポイントなどのレクチャーもあります。

さらに仮に内定が出なくても、落ち込まないよう支えてくれ次の企業への応募を目指すアドバイスをくれます。

登録者が多数いるサイトなので、企業側も人員補強したい現場に一致した人材を探せるとの期待から、紹介して欲しい人材の条件をより細かく設定した非公開求人を設定しています。

転職サイトに登録するとコンサルタントから非公開求人の紹介を受ける事が出来るようになる為、就職先の選択肢が大きく広がります。

条件が一致している事が紹介の前提となっているため、新卒者側にも企業側にも理想の雇用であり内定しやすいのです。

登録利用者数10,000人以上、35,000件以上の求人を扱う「薬剤師転職ドットコム」の登録は↓からどうぞ

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

知っておきたい!新卒薬剤師のための色々な業種・スキルアップの紹介

ここからは検索サイトの詳細検索に出てくる「調剤薬局」「病院」「ドラッグストア」「企業」などの薬剤師が活躍する業種について、まとめます。

病院薬剤師なら臨床経験と昇給・手当がポイント

総合病院での薬剤師勤務は貴重な臨床経験を多く積める事が最大のメリットです。

患者さんと対話をしながら技術が習得でき、取扱薬品数も多く新卒からは人気の就職先です。

新薬の臨床試験などの機会にも立ち会う可能性もあります。

当然人気があるため第一希望の病院に就職できるかは問題です。

また初期の給与が低い病院が多く、役職が付かなければ他の就職先と比べ年収が伸びにくいのも特徴です。

遅番があったり残業が多かったりする事がありますし、シフト制で土日の休暇が難しい病院も多く存在します。

そういった所を考えながら探すのがポイントとなります。

病院系求人1,400件以上「薬剤師転職ドットコム」の登録は↓からどうぞ

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

調剤薬局勤務なら労働条件を把握して応募しよう

調剤薬局は日本中の至るところにあり募集数が多いため希望の勤務地に就職しやすいのが特徴です。

平均すると病院薬剤師より初任給が高い企業が多く、薬剤師数が不足している地域では年収もさらに良くなってきます。

業務では調剤や管理など薬の取扱に集中できますし、今後の日本で増える在宅医療やかかりつけ薬局の基礎を学ぶこともできます。

土日が休みの薬局も多いですが、残業の多少も含めそこは事前にチェックしましょう。

調剤薬局勤務は調剤や保管の実務をしっかり学べ、将来的に資格を生かしたキャリアアップのための基礎を積むためにはとても良い職場です。

求人数もトップで多数の候補があるので、労働条件や社員教育、店舗内の雰囲気をきっちりと把握してから応募するためにも薬剤師専門サイトを活用したいですね。

調剤薬局求人22,000件以上「薬剤師転職ドットコム」の登録は↓からどうぞ

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

ドラッグストアの薬剤師は高収入を狙うにはベスト

大手ドラッグストアは国の方針により店舗数をどんどん増やしています。

これまでは内科、外科といった診療科により縦割りで薬を処方されてきましたが、個人情報管理が進化してきた現代では生涯に渡る薬歴管理をする「かかりつけ薬局」を国が推進、大手ドラッグストアがそのモデルとなっているのです。

そのため求人も多めで希望の地域に就職しやすく、新卒の年齢としてはかなり高給で社会人スタートをきれるのも利点です。

特に地方では人手不足のため年収は上がりますし、管理薬剤師にもなりやすく役職手当も期待できます。

さらに医薬品だけでなく美容品、日用品などの知識も増え、取扱薬に偏りが少なくなるため総合的な知識が身に付きます。

ただ品出し、レジ打ち、処方箋枚数にノルマがあるなど純粋に調剤だけやれば良いという店舗は少なく、色々な業務に携わる必要があります。

残業も多くなりがちで土日営業の店舗がほとんどです。

就職地域に希望がある方で「若いうちに稼ぎたい」という方は要チェックです。

調剤室付ドラッグストア求人80,00件以上「リクナビ薬剤師」の登録は↓からどうぞ

リクナビ薬剤師公式サイトはこちら

CRA、CRCなどの研究支援職は新卒で入れると大きくキャリアアップ

CRAは製薬メーカーやCRO(臨床試験や治験管理の請け負い会社)から臨床現場に派遣される開発担当者です。

治験を企画、実施、データの回収等が主な業務です。

CRCはSMO(治験の安全性や正確性を維持、サポートする会社)ら派遣される治験のまとめ役、コーディネーターであり被験者の体調も管理し適切な対応をします。

CRA、CRCいずれの募集も高給である企業が多いです。

医療機関や研究機関を回るため人と接する機会が多く色々な見識を広める事ができること、新薬の開発最前線で臨床技術や治験データの管理が身に付きます。

土日休みが多く残業も少なめで福利厚生も充実している企業が多いのも特徴です。

ただ募集が少ないため応募倍率が高く希望する地域での就職はかなり難しいです。

また専門性が高くドラッグストア等で扱う薬品数と比べると、どうしても経験できる薬品数には限りがあります。

それでも新薬開発の過程に携わる事の大きなやりがい、喜びを感じる事ができますし、経験はキャリアとして積みあがり自信を持って医薬品業界で生きる事ができます。

募集が少ない企業系求人を目指すなら、薬剤師専門サイトの利用は不可欠です。

企業系求人70件以上「薬剤師転職ドットコム」の登録は↓からどうぞ

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら

新卒薬剤師だから納得できるスキルを積みたい!転職サイトのアドバイザーをフル活用する

薬剤師資格は一生の財産です。

この資格がある限り、初めての就職先で経験を積み即戦力人材として成長し、かつての第一希望企業よりレベルの高い企業への転職も目指せます。

そのために「薬剤師」というジョブに「臨床」や「服薬指導」等の様々な「スキル」を追加して「管理薬剤師」などの上級ジョブとなる事が必要でしょう。

どんな「スキル」を身につけるのか、その計画や将来のビジョンがあれば楽しく、集中して仕事ができるに違いありません。

やり直せない人生、そういった将来設計を一緒に考えてくれるキャリアコンサルタントに出会っておくのは、新卒のほうが有利なのは言うまでもありません。

6年という長い学生生活内で遊びも我慢し、高い授業料を払って勉強してきたのに第一希望の企業に内定が決まらなかった時の落胆は大きいです。

第一歩でつまずき、落胆を背負ったまま何度も合同説明会に参加し、あちらこちらと企業ブースを回る事も苦痛です。

納得できないまま内定した企業では誇りや喜びを持って働けず、次第に疲れてきてしまい転職を考えた際も次の職場に繋がるスキルが積めていなかった、という事になると本当に行き場がなくなります。

薬剤師としての初めての就職ですから、そうならないために少しでも理想に近い職場を選びたいものです。

薬剤師転職ドットコムは一人一人の新卒学生によりそったサポートを受ける事が出来ます。

是非社会に出る第一歩を二人三脚で歩んでみてください!

薬剤師転職ドットコム公式サイトはこちら